« 2009年5月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年7月21日 (火)

ES細胞研究の規制緩和へ

 「脳死は人の死」とする改正臓器移植法(A案)が713日に可決・成立した。しかし、臓器移植は脳死判定をめぐって、その倫理性が問われている。倫理性には宗教観・死生観という文化的な背景もあり、今後も様々な議論を呼ぶであろう。一方、こうした倫理的問題を解消する可能性を秘めたiPS細胞による再生医療には、その実用化に向けて世界が注目している。頻繁に新聞で取り上げられている万能細胞について、『朝日新聞』と『読売新聞』にそれぞれ異なる視点による記事が掲載されていたのでご紹介しよう。

続きを読む "ES細胞研究の規制緩和へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年10月 »