« 書評一覧(英文タイトル込み) | トップページ | サイエンス、日本、そしてハーバード:高まる「こころ」への関心 »

2009年5月15日 (金)

Chart of Books Reviewed on the Nanzan GPSS blog

These books are in Japanese, and we have provided an English translation of the titles.

Click here to get PDF File

掲載時期:
Date added to blog
日本語題名・英語題名 Title of Book 著者・訳者 Author

出版社
Publisher, date

2007/3/8 『自然的世界とキリスト教』 笠井恵二 新教出版社、
1999年
  Christianity and the Natural World KASAI Keiji  
2007/3/21 『空海とアインシュタイン―
宗教と科学の対話』
広瀬立成 PHP研究所、
2006年
  Kūkai and Einstein: A Dialogue Between Science and Religion HIROSE Tachishige  
2007/3/22 『自然』 伊東俊太郎 三省堂、
1999年
  Nature ITŌ Shuntarō  
2007/3/27 『キリスト教は自然科学でどう変わるか――人格神・奇跡・来世』 榎十四郎 社会評論社
2000年
  How Does Science Change Christianity?: A Personal God; Miracles; Life after Death ENOKI Toshirō  
2007/4/3 『<スピリチュアル>はなぜ流行るのか』 磯村健太郎 PHP新書、
2007年
  Why is "Spirituality" Popular? ISOMURA Kentarō  
2007/4/10 『科学者は神を信じられるか』 ジョン・ポーキングホーン 講談社、2001年
  Can a Scientist Believe in God (trans. of "Quarks, Chaos, & Christianity") John Polkinghorne  
2007/4/29 『エコエティカ--生圏倫理学入門』 今道友信 IMAMICHI Tomonobu 講談社、1990年
  Eco-Ethica Judy Wakabayashi Univ Pr of Amer 、2009年
2007/7/12 『アミターバ―無量光明』 玄侑宗久 新潮文庫、2007年
  Amithābha, the Buddha of Immeasurable Light GENYŪ Sōkyū  
2007/9/25 『アインシュタイン 神を語る―宇宙・科学・宗教・平和』 ウィリアム・ヘルマンス 工作舎、2000年
  Einstein on God: The Universe, Science, Religion, Peace William Hermanns  
2007/10/7 『新しい科学論――
「事実」は理論をたおせるか』
村上陽一郎 講談社、2007年
  A New Theory of Science:
Can "Reality" Overcome Theory?
MURAKAMI Yōichirō  
2007/11/9 『死に方 目下研究中。――
医学者と文学者の彼岸さがし対談』
田辺保、岩田誠 恒星出版、
2005年
  How to Die: A Dialogue on Searching for the "Other Side" TANABE Tamotsu, IWATA Makoto  
2008/1/16 『人間の尊厳と科学技術』 教皇庁国際神学委員会 カトリック中央協議会、2006年
  Human Dignity and Scientific Technology The International Theology Vatican Committee  
2008/2/14 『未来を予測する技術』 佐藤哲也 ソフトバンク新書、2007年
  Technology for Predicting the Future SATŌ Tetsuya  
2008/3/7 『科学・哲学、そして宗教の間の対話を求めて―科学者は現代の情況に免責か?』(第3回「親鸞思想の解明」シンポジウムより) 國府田隆夫 『現代と親鸞』第11号所収、2006年
  The Dialogue Between Science, Philosophy, and Religion KŌDA Takao  
2008/3/26 『脳研究の最前線』上下 理化学研究所 脳科学総合研究センター編 講談社ブルーバックス、2007年
  The Frontiers of Brain Science RIKEN  
2008/6/28 『生きて死ぬ私』 茂木健一郎 筑摩書房、
1998年
  The "I" That Lives and Dies MOGI Kenichirō  
2008/7/9 『脳の中の人生』 茂木健一郎 中央公論新社、2005年
  Life Inside the Brain MOGI Kenichirō  
2008/7/18 『脳と仮想』 茂木健一郎 新潮社、2004年
  The Brain and Imagination MOGI Kenichirō  
2008/9/21 『脳はなぜ「心」を作ったのか――「私」の謎を解く受動意識仮説』 前野隆司 筑摩書房、
2004年
  Why Did the Brain Create "Kokoro": A Theory of Passive Consciousness for Solving the Riddle of the "Self" MAENO Takashi  
2008/10/1 『脳の中の「私」はなぜ見つからないのか?――ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』 前野隆司 技術評論社、2007年
  Why Can't We Find the "Self" in the Brain?: A Perspective from Robotics MAENO Takashi  
2008/11/7 『「心の海」を探る』 遠藤周作 プレジデント社、1990年
  Searching for the "Sea of Kokoro" ENDŌ Shūsaku  
2008/11/7 『こころの不思議、神の領域』  遠藤周作 PHP、1988年
  The Mystery of Kokoro:
The Realm of God
ENDŌ Shūsaku  
2008/11/12 『人は何のために「祈る」のか――生命の遺伝子はその声を聴いている』 村上和雄、棚次正和 祥伝社、2008年
  Why Do People Pray?:
The Voice of the Genetics of Life
MURAKAMI Kazuo, TANATSUGU Masakazu  
2008/11/17 『アフォーダンス――
新しい認知の理論』
佐々木正人 岩波書店、
1994年
  Affordance:
A New Theory of Cognition
SASAKI Masato  
2008/11/20 『犀の角たち』 佐々木閑 大蔵出版、
2006年
  The Rhinoceros Horns SASAKI Shizuka  
2008/11/20 『仏教が好き!』 河合隼雄、中沢新一 朝日新聞社、2003年
  I Like Buddhism! KAWAI Hayao, NAKAZAWA Shinichi  
2008/11/25 『科学と信仰のあいだで』 柳瀬睦男 編集グループSURE、2008年
  Between Science and Religion YANASE Mutsuo  
2008/12/8 『死んだらどうなるの?』 玄侑宗久 筑摩書房、
2005年
  What Happens When We Die? GENYŪ Sōkyū  
2009/1/13 『運のつき――
死から始める逆向き人生論』
養老孟司 マガジンハウス、2004年
  Having Luck: Looking at Life from the Perspective of Death YŌrŌ Takeshi  
2009/1/22 『愛は脳を活性化する』 松本元 岩波書店、
1996年
  Love Makes the Brain Active MATSUMOTO Gen  
2009/2/6 『人体 失敗の進化史』 遠藤秀紀 光文社、2006年
  The Human Body: An Evolutionary History of Mistakes ENDŌ Hideki  
2009/2/12 『物語の役割』 小川洋子 筑摩書房、
2007年
  The Role of Stories OGAWA Yōko  
2009/2/13 『日本語はなぜ美しいのか』 黒川伊保子 集英社、2007年
  Why is Japanese Beautiful? KUROKAWA Ihoko  
2009/2/18 『信仰の美学』 阿部仲麻呂 春風社、2005年
  The Aesthetics of Faith ABE Nakamaro  
2009/2/24 『大航海』第69号「特集:脳・意識・文明」   新書館、2008年
  Special issue on "Brain, Consciousness, Civilization"    
2009/3/11 『戦後日本と戦争死者慰霊―シズメとフルイのダイナミズム』 西村明 有志舎、2006年
  Postwar Japan and Memorializing the War Dead NISHIMURA Akira  
2009/3/26 『生きられる癒しの風景――園芸療法からミリューセラピーへ』 浅野房世・高江洲義英 人文書院、2008年
  Healing for Living Life: From Gardening to Milieu Therapy ASANO Fusayo, TAKAESU Yoshihide  
2009/3/26 『夢 うつつ まぼろし――眠りで読み解く心象風景』 北浜邦夫監修、高田公理・睡眠文化研究所編 インターメディカル、2005年
  Dream Phantoms: Mental Images Understood Through Sleep KITAHAMA Kunio, TAKADA Masatoshi  

|

« 書評一覧(英文タイトル込み) | トップページ | サイエンス、日本、そしてハーバード:高まる「こころ」への関心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203998/45019055

この記事へのトラックバック一覧です: Chart of Books Reviewed on the Nanzan GPSS blog:

« 書評一覧(英文タイトル込み) | トップページ | サイエンス、日本、そしてハーバード:高まる「こころ」への関心 »