« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年3月26日 (木)

【書評】北浜邦夫監修、高田公理・睡眠文化研究所編『夢 うつつ まぼろし――眠りで読み解く心象風景』(インターメディカル、2005年)

手ごろな夢入門
Gpss090326b  夢に関しては、精神分析はもとより心理学、文学、歴史学といった多様な領域で研究が進められてきた一方で、学術的な水準を保ちながら多領域にわたる学際的研究書はそれほど目立たなかったのではなかろうか。本書はフランス国立科学研究所神経科学部門主任研究員である北浜邦夫氏の監修のもと、文化人類学、情報メディア学、生理心理学、環境生理学など多様な領域で活躍する研究者からなる夢入門の書である。論述は平易で、図解やイラストを多用することで一般的読者の関心を喚起するとともに、ディスカッション形式も採用するなど、臨場感あふれる知的刺激に満ちた一書である。

続きを読む "【書評】北浜邦夫監修、高田公理・睡眠文化研究所編『夢 うつつ まぼろし――眠りで読み解く心象風景』(インターメディカル、2005年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【書評】浅野房世・高江洲義英著『生きられる癒しの風景――園芸療法からミリューセラピーへ』(人文書院、2008年)

生きられる風景
Gpss090326a_5 小川洋子の『物語の役割』に出合って以降、評者は言葉に先立つ映像の重要性に目を開かされた。心理学の領域ではたとえば箱庭療法などが前言語的映像の秘める可能性を深く自覚していたものと思われる。本書は人間をいわば〈環境内存在〉として理解し、とくにグリーフケアの現場を取り上げつつ、そこに展開しているケアの最前線を特に風景に焦点を当てながら、園芸学、芸術学、精神医学の合流点に立つ治療者の視点から紹介するものである。浅野氏は植物介在療法の専門家、高江洲氏は精神科医で、いずれも上記の領域で複数の学術賞を受けた第一線の研究者である。
 まずは目次を挙げておこう。

Ⅰ 生きられる空間と風景
Ⅱ 癒しと緑の関係
Ⅲ 園芸療法とミリューセラピー
Ⅳ ミリューセラピーの実例
Ⅴ 生きられる癒しの風景を求めて

続きを読む "【書評】浅野房世・高江洲義英著『生きられる癒しの風景――園芸療法からミリューセラピーへ』(人文書院、2008年)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

【書評】西村明著『戦後日本と戦争死者慰霊―シズメとフルイのダイナミズム』(有志舎、2006年)

Gpss090311  本書はいささか「科学」とは縁遠い話題を扱うものだが、「こころ」(ただし社会におけるもの)と「宗教」とが接する境界領域における出来事を扱っていることもあり、つまり既成の心理学、社会学、宗教学といった学問領域では零れ落ちてしまう貴重な問題を取り上げたものであることから、われわれのいわば〈越境する勇気〉をさらに喚起するためにも有益と考え、ここにご紹介するしだいである。また本書が扱っている中心的事例は、近代科学技術が行き着いた果てに生まれた原子爆弾に関わるものであることから言っても、いささかテーマとしては周縁的とはいえ、われわれとしても無視できないように思われる。

続きを読む "【書評】西村明著『戦後日本と戦争死者慰霊―シズメとフルイのダイナミズム』(有志舎、2006年)"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

脳と「こころ」と瞑想

■脳の機能と瞑想の関係
 本ブログにおいて、以前より何度か取り上げている「脳とこころ」。 このトピックに関する新聞記事を調べていたところ、瞑想をすることで脳に様々な変化が起こるという記事があることが分かった。

■深い腹式呼吸で心と体がスッキリ
 2008年8月20日付け『読売新聞』では、瞑想がどのような影響を脳に及ぼすかを紹介している。
 記事によると、現代社会を生きている中で、知らず知らずのうちに蓄積した心身の“ゆがみ”を正す手段として、坐禅が注目されているとのこと。瞑想のメカニズムに詳しい東大医学部准教授の熊野宏昭氏(ストレス防御・心身医学)は、「脳科学の視点から見ても大きなリラックス効果がある」と坐禅の効用を説明する。

続きを読む "脳と「こころ」と瞑想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年5月 »