« 【書評】柳瀬睦男著『科学と信仰のあいだで』(シリーズ鶴見俊輔と考える②、SURE、2008年) | トップページ | 【書評】玄侑宗久著『死んだらどうなるの?』(筑摩書房、2005年) »

2008年12月 4日 (木)

workshop「脳科学とこころ」が終了しました

Gpss081204  去る11月29、30日に、南山宗教文化研究所にて、workshop「脳科学とこころ」が開催され、盛況のうちに終了しました。
 今回のworkshopは、当プロジェクト「科学・こころ・宗教」の一環として行われ、プロジェクト・メンバーの先生方と南山宗教文化研究所関係者の17名による参加者限定のworkshopでした。

 その内容は、脳科学、神経科学を専攻される3名の先生方にご報告いただき、そのご報告をもとに、参加者全員で討議するというものでした。
 「脳科学から見たこころ」「こころの進化」「神という表象」等、きわめて興味深い数々の論点が提起され、討議されました。
 このworkshopの模様については、後日、本blogにてご報告させていただきます。
(南山宗教文化研究所研究員・大谷栄一)

|

« 【書評】柳瀬睦男著『科学と信仰のあいだで』(シリーズ鶴見俊輔と考える②、SURE、2008年) | トップページ | 【書評】玄侑宗久著『死んだらどうなるの?』(筑摩書房、2005年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203998/43317428

この記事へのトラックバック一覧です: workshop「脳科学とこころ」が終了しました:

« 【書評】柳瀬睦男著『科学と信仰のあいだで』(シリーズ鶴見俊輔と考える②、SURE、2008年) | トップページ | 【書評】玄侑宗久著『死んだらどうなるの?』(筑摩書房、2005年) »