« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月26日 (金)

Jeff Hawkins氏のTEDでの講演“Brain science is about to fundamentally change computing”

□脳科学はコンピューターの利用を変える?
Gpss080926b_4  先日、このblogで、TEDというサイトを紹介した。科学、エンターテイメント、デザイン、ビジネス、文化、芸術、グローバルな争点等の幅広い分野の著名人の講演を無料で公開しているサイトである。
 今回は、このサイトで公開されているJeff Hawkins氏の2003年の講演“Brain science is about to fundamentally change computing”を紹介したい。
 当「科学・こころ・宗教」プロジェクトの代表者ポール・スワンソン先生のご推薦である。

click here

続きを読む "Jeff Hawkins氏のTEDでの講演“Brain science is about to fundamentally change computing”"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

【書評】前野隆司著『脳はなぜ「心」を作ったのか――「私」の謎を解く受動意識仮説』(筑摩書房、2004年)、同『脳の中の「私」はなぜ見つからないのか?――ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』(技術評論社、2007年)<1>

□脳科学への注文
Gpss080921_2  以前、茂木健一郎氏の著作をこのブログでも紹介させていただいたが、それ以降、ちょっと脳科学に注目している。
 曲がりなりにもキリスト教を中心に諸宗教(ことに日本仏教)を学んですでに20年近い。浅学非才であることを棚に上げての暴言だが、この領域ではよほどの新説・珍説でもなければもう特別の関心を持つことがなくなっている。悲しいかな、宗教研究の領域から汲み出せるエロスが逓減しつつあることは否めないのである。そうした状況にあって脳科学との出会いはちょっとした回春剤になっている。

続きを読む "【書評】前野隆司著『脳はなぜ「心」を作ったのか――「私」の謎を解く受動意識仮説』(筑摩書房、2004年)、同『脳の中の「私」はなぜ見つからないのか?――ロボティクス研究者が見た脳と心の思想史』(技術評論社、2007年)<1>"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

TEDというサイトをご存じだろうか?

 みなさんは、TEDというサイトをご存じだろうか?
 
 →click here

Pgss080903_2   「TED」とは、Technology Entertainment Designの略で、アメリカのカリフォルニア州モントレーで年1回、講演会「TED Conference」を主催しているグループのことである。
 このTED Conferenceは1984年にサロン的な集まりとして始まり、科学技術、エンターテイメント、デザイン等の分野の人物が講演を行ってきた。2006年から講演の内容がインターネット上で無料で動画配信されることになり、扱われるテーマも科学、ビジネス、芸術、グローバルな問題にまで広がっている(使用言語は、英語)。
 Conferenceは4日間にわたって開催され、約50人が登壇し、講演がなされる。今では、サイト上に200以上の講演が保存されている。

続きを読む "TEDというサイトをご存じだろうか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »