« 背景を視野に収めた思考に向けて | トップページ | 【書評】大岡信著『日本の詩歌――その骨組みと素肌』(岩波書店、2005年) »

2008年3月26日 (水)

【新刊紹介】理化学研究所 脳科学総合研究センター編『脳研究の最前線』上下(講談社ブルーバックス、2007年)

理化学研究所 脳科学総合研究センター編『脳研究の最前線』上下(講談社ブルーバックス、2007年)

□「こころに向かう脳科学」

 「『脳とこころ』の関係はデカルト以来の難問である。これまでいろいろな仮説的な考えが提案されてきたが、実験科学の問題として扱うことは非常に難しかった。しかし、脳科学が非常な勢いで進歩し、脳の中で働く物質過程の知識が大きく広がった。人の脳の中で起こる活動を測定することもできるようになり、脳に作用する薬剤の開発も盛んになった。知的な興味に止まらず、現代の少子高齢化、情報化社会を生きるためには、脳とこころの関係について科学的に理解することが今や必須の要件になりつつあると思われる。」

Gpss080326a  これは、今回紹介する『脳研究の最前線』上巻の冒頭に収められた伊藤正男先生の「まえがき こころに向かう脳科学」の一節である。
 本書は、理化学研究所 脳科学総合研究センターの創立十周年記念として出版された一般書で、上巻が「脳の認知と進化」、下巻が「脳の疾患と数理」というテーマからなる。
 (詳しい目次は、こちら→上巻下巻を参照)

□理化学研究所 脳科学総合研究センターとは?
 理化学研究所の「脳科学総合研究センター」とは、どのような研究機関なのだろうか? 
そもそも「理学研究所」(通称は「理研」)は、1917年に創設された日本で唯一の自然科学の総合研究所で、物理学、工学、化学、生物学、医科学などにおよぶ広い分野で研究を進めている研究所である。脳科学総合研究センターは、この理研の中の一研究センターである。
 脳科学総合研究センターについては、本書で以下のように説明されている。

「脳の研究を総合的に行うべく、脳科学総合研究センター(Brain Science Institute)が、一九九七年一〇月に設立された。『脳を知る』『脳を守る』『脳を創る』『脳を育む』の四領域を設定し、異なる分野の脳研究を総合しながら目標達成型の研究を総合的に進め、脳科学への理解、さらには心についての自然科学的アプローチによる研究を進めている。日本の脳科学研究の先導的役割を果たすため、学術的な研究、柔軟な研究運営、産業界・学界との連携を運営の基本とする脳科学研空の中核的機関。」

□「こころ」を対象とする研究
 ここで、注目したいのは、「脳科学への理解、さらには心についての自然科学的アプローチによる研究を進めている」という一節である。
 「こころ」を対象とすることで、脳科学総合研究センターの研究と、私たちのプロジェクトの接点が生まれる。
 そして、実際に、本書上巻に論考を寄せている入來篤史先生と、田中啓治先生は、「科学・こころ・宗教」プロジェクトにご協力をいただいている

□入來先生の「知性の起源─未来を創る手と脳のしくみ」
 入來先生は、上巻の第三章「知性の起源─未来を創る手と脳のしくみ」を執筆し、神経科学者の立場から、「人間精神の生物学的メカニズム」の一端を、野生動物とヒトの行動と脳神経の働きに注目し、解明している。
 とりわけ、(「科学・こころ・宗教」プロジェクトとの関連からいれば)次の指摘は、きわめて興味深い。

 「野生動物は、その過酷な生存環境の中で生命を維持するために、『状況』『主体』『行為』という構成要素を一体化させてきました。そして、それらをほとんど自動的にかつ効率的に利用するために、『行為』を行う主体と客体を不可分のものとして『意思』や『心』を想定することなく、自然現象の一部として、『行為』を発現していました。
 しかし、様相が一変したのは、ヒトの祖先が、外界の事物を手に持ち、それを身体の延長として動かそうと、道具の使用をはじめたときでした。このとき、道具が身体の一部となると同時に、身体は道具と同様の事物として『客体化』されて、脳内に表象されることになります。 
 自己の身体が客体化されて分離されると、それを『動かす』脳神経系の機能の内に独立した地位を占める『主体』を想定せざるを得なくなります。その仮想的な主体につけられた名称が、意思を持ち感情を抱く座である『心』というものではないでしょうか。」(172頁)

 「こころ」の生成の秘密が解き明かされているスリリングな一節ではなかろうか。

□田中先生の「脳はどのように認知するのか」
 また、私たちがものを見て、一瞬のうちに認識する視覚システムの物体認識の能力の仕組みを、脳の中に探求した、田中先生の第五章「脳はどのように認知するのか」も、きわめて多くのことを教えてくれる刺激的な論考である。
 脳が物体を認知するには、きわめて複雑な情報処理が脳の中で行われていることが丁寧に説明されている。とりわけ興味深かったのが、本章後半の「知覚と意識」の問題である。
 「受容された感覚情報が意識されるということはどういうことなのだろうか。脳の中で何が起これば、刺激が意識に上るのだろうか。神経活動と意識の関係はまだまだ分かっていないのだが、考える手掛かりは得られつつある」(277頁)として、以下、近年の研究成果を説明されている。
 そして、結論で、以下のようにまとめている。

 「受容された刺激が前頭前野へ伝わって選択的注意を引き起こし、前頭前野が頭頂連合野とともに高次感覚野の活動を高める。さらに高次感覚野からは逆行性の結合によって初期感覚野にも活動が広がる。こうして大脳皮質の大きなループによって刺激の処理がさらに進められることが、刺激が意識的に知覚されることに対応するのではないだろうか。」(280頁)

 この部分だけ読むと、専門用語が多く、理解が難しいかもしれないが、実際に手に取り、論考全体を読むと、(私のような専門外の読者でも)理解できる内容になっている。

□「脳とこころ」の関係を理解するための入門書
 「脳は人間を理解するための基礎を与える」。これは、上巻の帯に掲げられたコピーだが、これをもじって言えば、「脳は人間のこころを理解するための基礎を与える」のであり、本書は、「脳とこころ」の関係を理解するための礎となる格好の入門書である。
 なお、本書については、すでに、茂木健一郎先生の書評(こちら→clik here)と、中村圭子先生の書評(こちら→clik here)があるので、こちらもお読みいただければ、専門家のみた本書の意義を知ることができるであろう。
(南山宗教文化研究所研究員 大谷栄一)

|

« 背景を視野に収めた思考に向けて | トップページ | 【書評】大岡信著『日本の詩歌――その骨組みと素肌』(岩波書店、2005年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/203998/40640029

この記事へのトラックバック一覧です: 【新刊紹介】理化学研究所 脳科学総合研究センター編『脳研究の最前線』上下(講談社ブルーバックス、2007年):

« 背景を視野に収めた思考に向けて | トップページ | 【書評】大岡信著『日本の詩歌――その骨組みと素肌』(岩波書店、2005年) »